お豆腐について
お豆腐について

お豆腐について

環境にも、ひとの身体にも優しい、おからの出ないおとうふが作れたら。
おとうふを作る際に出るおからは、食物繊維やたんぱく質がぎゅっと詰まった栄養の宝庫です。
ですが、おからは産業廃棄物として年間70万トンも捨てられています。
処理にはもちろん費用がかかり、大量のCO2を排出しています。
私たちが得意な食×テクノロジーで解決できないかと技術研究を始めたのが1992年。
大豆を超微粉砕してまるごと使用し、おからを出さずにレタス●個分の食物繊維を含むおとうふを完成させました。
環境に配慮しながら、大豆の栄養を余すことなく使い、皆さまの健康をおいしく応援したい。
そんな思いと大豆の旨みがぎゅっと詰まったおとうふを是非ご堪能ください。

大豆へのこだわり

大豆へのこだわり

原料となる大豆は三重県産フクユタカと、
通常の大豆の4.5倍ものタンパク成分が含まれている
機能性大豆ナナホマレを使用しています。
その他にも、日本国内各地から厳選した品種も
ブレンドして使用しています。

こだわりの製法

こだわりの製法

町家とうふのお豆腐は、通常のお豆腐の作り方とは異なり、
大豆を超微粉砕したパウダーを使用しています。
細かいパウダーにすることで、製造過程でのおからの排出を防ぎ、
大豆が持つ旨味や栄養を余すことなく詰め込むことができます。
また、お豆腐は全て、手づくりにこだわって、
毎日伊勢河崎の工房で作っています。